情報経理コース Q&A

Q1 経理ってどんな仕事ですか?
A1 経理とは会社のお金の流れを記録する仕事です。記録の仕方は法律で決まっているので、その法律に従ってお金の流れを記録するのが経理の仕事になります。ただ、最近は記録作業をコンピュータで行う会社が増えています。
 
Q2 経理の仕事をするのに簿記は何級を取らないといけないですか?
A2 簿記検定を取得していないと経理の仕事ができないというわけではありません。簿記検定を取得していなくても経理職として活躍している人はいます。一般的には日商簿記検定3級程度の知識が必要になります。
Q3 税理士や会計士になりたいのですが?
A3 税理士や会計士になる人も最初は日商簿記検定3級の勉強から始めます。このコースでは、日商簿記検定2級まで学習しますので、在学中に税理士試験や公認会計士試験に合格することは難しいです。このコースで簿記の基本をしっかりと学習し、会計事務所に就職して、実務経験を積みながら税理士試験を目指すのも1つの方法だと思います。また、平成18年度から公認会計士試験制度が変更されます。実務経験があれば、試験科目の1部が免除されます。一般企業の経理事務として就職し、その後、公認会計士試験に挑戦するのも良いと思います。
Q4 パソコンの授業が多いと聞いたのですがなぜですか?
A4 経理の仕事もコンピュータ化されています。今まで、手作業で行っていた作業をコンピュータにさせるのです。したがって、経理事務の仕事をするためにコンピュータの知識は不可欠ということです。
Q5 簿記って何ですか?
A5 会社のお金の流れを法律に従って、帳簿に記入する技術を簿記といいます。企業の家計簿みたいなものです。
Q6 コンピュータのハード的なことも授業であるのですか?
A6 あります。1年生の時にコンピュータシステムという授業の中でハードウェアの勉強をします。ハード、ソフト両方を学ぶことによりコンピュータのエキスパートに成長していきます。

<<前のページへもどる


個別入学体験申し込み オープンキャンパス申し込み 資料請求申し込み

就職まで徹底サポート!すべてHimejoに任せて安心